更年期障害を治療して体調を整える【Goodステータスへ改善】

医者

男性の更年期

男性更年期障害の症状

訪問診療

更年期障害と言えば、女性で発症するというイメージがありますが、男性の更年期障害があります。これは、男性ホルモンであるテストステロンの低下が原因と言われています。テストステロンは、20歳代で最も高く、中高年になるにつれて低下していくと言われています。テストステロンの低下によって、精神的症状、性的な症状、体の症状があります。精神的症状として、やる気がでない、うつっぽいといった症状があります。性的な症状としては、性欲減退、EDに繋がっていきます。また、体の症状としては、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが上昇します。このような症状が見られる場合、男性更年期障害の可能性もあります。最近は、ストレス社会であり、男性更年期障害も増加しています。

テストステロンの補充方法

男性更年期障害かどうかは、唾液や血液検査によって調べる事ができます。また、男性更年期障害の治療方法としては、テストステロンを補充する治療があります。テストステロンは、専門病院で注射等で補充する事が可能です。最近は、インターネットで男性ホルモンの低下を調べるチェックシートもあります。このチェックシートを活用する事で、ある程度のホルモン状態を確認する事ができます。また、テストステロンの補充治療は、健康保険内診療で行ってくれる医療機関もあります。健康保険の対象となる事で、治療を受けやすくなっています。また、食事の見直しによる治療法もあります。男性更年期障害に良いといわれるビタミン、ミネラルを多く含む食べ物を摂る事は、男性更年期障害の治療法となります。