更年期障害を治療して体調を整える【Goodステータスへ改善】

医者

病気だけではない

耳鳴りとめまいの原因

医者

めまいが起こる原因はいくつか考えられますが、その中の約60〜70%は耳からきていると言われています。人間の体には姿勢を保つ機能が備わっており、そのバランス機能を司っている器官の1つが耳なのです。 めまいには大きく分けて3種類のタイプがあります。まずは回転性めまい、浮遊性めまいにクラつくめまいがあります。回転性の場合は耳の病気、浮遊性の場合はストレスや過労、クラつくめまいは立ちくらみや低血圧で引き起こる場合が多いと言われています。ただし、その他の原因も考えられるので自己判断ではなく、病院で検査しましょう。 耳鳴りに関しては、9割の方が、難聴を伴っていると言われています。数分以内でおさまる一過性の耳鳴りは心配ないそうですが、長く続く場合は脳や内耳に病が隠れている場合がありますのですぐに受診をして下さい。ひどくなった耳鳴りを放置すると、自律神経を乱すこともあります。 耳鳴りとめまいを同時に引き起こす病気で代表的なものが、突発性難聴、メニエール病、外リンパろうの3つです。

ストレスが引き金かもしれません

病気が原因で耳鳴りやめまいを引き起こすこともありますが、もしかしたらストレスが引き金になることも少なくありません。 耳鼻科を受診しても異常が見つからなかったら。自律神経失調症やうつ病、過度の疲労やストレスを疑ってみましょう。 ふわふわする浮遊性のめまいがストレスやうつから来ていることが多いと言われています。 耳鳴りに関しては自律神経失調症で血流が悪くなり引き起こされることもあるという説もあります。 では耳鳴りやめまいが起きたらどうすればいいのでしょうか。 まずはゆっくり休むこと。睡眠時間は十分か一度自分の体と向き合ってみましょう。休暇をとってマッサージへ出向くのもいいでしょう。